箱根湯本の天山湯治郷に宿泊してきました

温泉大好きなわたしの中で1,2を争うほどに大好きな場所が
天山湯治郷
 
 

好きな理由はいくつかありますが・・・
最大の理由はその「泉質」
 

天山では源泉かけ流しの「源泉浴」を楽しめるんです♪
 

高温の源泉を水で薄めることなく、
100%の純度を保ち生のままで自然放熱され
源泉から直に浴槽へ注がれた「ピュアな生きている温泉」

 

もちろん湯は毎日抜き換えられていますし、
塩素なども一切使われていません

温泉の匂いを嗅ぐと一目瞭然ですよね
 
  

純粋な源泉浴のエネルギーは普通の温泉とは完全に別物!
 
オーガニックとケミカルくらいの違いがあります
 

 

それともう一つ
「天山湯治郷」がとても素晴らしいと感じる点は、
「自然との調和」を目指し考えぬかれているところ

 

合成界面活性剤が川を汚すことを憂慮し、
施設内にはせっけんシャンプー&リンスと固形石鹸が置かれています
 

コストを考えたら合成洗剤の方が有利
でもそれを承知の上で、目先の利益より全体の良きに計らう
 

自分たちだけ良ければそれでいい、ではない
大きな循環のひとつとして他との調和を考えた在り方
 
 
その世界観にわたしは激しく共感を覚えるのです!
 

 

・・・おっと、熱くなってしまった(笑)
ということで話を元に戻します

 

天山湯治郷には日帰り用施設が2つ
(そのうちのひとつはお風呂のみ)

湯治用宿泊施設が1つあります

 

わたしは今まで日帰り利用しかしたことがありませんでしたが・・・

帰りを気にせずのんびり心ゆくまで温泉を堪能したーい!
  

・・・なんと今回はその願いが実現♪

 

本来はこちらの宿泊施設は連泊制で一泊のみは利用NG!
 

でもそんなこととはつゆ知らず

相方さんが問い合わせをしてくれたところ
一泊でもOKしてくださったので今回泊まることができました

 
   

宿泊当日はあいにくの雪予報
カーナビでは通行止めになっている箇所も(汗)
 
でも特に雪に降られることもなく無事に到着することができました
  

 

こちらが本日のお宿です

「逗留湯治 羽衣」
 
「仮りの宿」なるサブネームがまた素敵♪
この字体も味わいがあって好みです

 

 

お部屋は静かで清潔感があって落ち着いた和室
自然豊かな景観と川のせせらぎに五感が洗い清められるかのよう・・・

 

 

共用スペースもシックでセンスが良くて素敵♪
  
 


 

 

ここ「羽衣」は内湯のみ

なので湯治郷内にある日帰り施設へ散歩がてら通います
 
 


 
 

 

ちなみに夜の湯治郷内はこんな風にライトアップされます
幻想的に浮かび上がる灯りが素敵ですよね
  

  

15時ぴったりににチェックインしたわたしたちは、
まず最初に「かよい湯治 湯屋一休」へ
 

こちらの施設は入館時間が11時〜19時まで

先に入っておかないと後はもう滞在中にタイミングが合わないため、
「一休」からのスタートとなりました
  
 

ここ「一休」は檜風呂と野天風呂だけの施設
シャワーはありませんのでここでは湯船に浸かるだけにしましょう

 

檜舞台を思わせる素敵な檜風呂と

 

 

滝が目の前に広がる野天風呂
(こちらは女湯だけのようです)
 
 

  

この日は雪予報だったせいなのか、
いつもお客さんで賑わっているのに今日はほぼ貸し切り状態!

最高に贅沢な時間がすごせました♪
 

 

この後いったん部屋に戻り、各々持参した仕事を

山の中なのでWi-Fi環境は弱いです・・・
 
 

それでもわたしのdocomoはしっかり電波を拾っていましたが、
相方さんのauはあまり使えなかったみたい(苦笑)

湯治で連泊される方はその辺お気をつけくださいね

 

逆にデジタル・デトックスをするつもりで
ひたすらのんびり湯治に専念した方がいいかもしれませんね
 

 

ひと仕事終えてまた温泉へGo!

今度はメインとなる日帰り湯治施設「ひがな湯治天山」へ
  
 


 

 

ここは男湯5湯、女湯6湯
内湯・外湯・サウナとバリエーション豊富にあります
 
 

他にも

お食事処2ヶ所
喫茶スペース
ボディケアルーム
おみやげショップ
ごろ寝できるフリーの座敷スペース
貸座敷スペースと・・・

 

何でもある!
 
  

だから

温泉入って
食べて飲んで
寝て
また温泉入って・・・

延々一日中楽しめます♪

 

わたしはここの外湯にある乳白色のアルカリ単純泉が一番のお気に入り♪
(この温泉は女湯のみだそうです)
 

木々に囲まれた野天風呂の開放感、
ぬるめのとろんとした泉質・・・
とにかく気持ちが良くてずーっと入っていられます
  

 

それと面白いのが「子宝洞」という洞窟の温泉
(これも女湯のみ)
 
 

洞窟の奥の露天風呂にお地蔵様がまつられているんです
その形状がまるで妊娠した女性の子宮内のよう
 

実際に「子授け温泉」としても知られているようで、
お地蔵様を触った手でお腹を触ると
「子宝に恵まれる」といわれているとか

 

女性性を高めるパワースポットですね♪
 
 
  

あとね、ここの受付入口前には
フリーの「飲泉」スペースがあります

これがめっちゃお勧め!
 

超軟水でとにかく美味しいお水で、
わたしはここにきたらこればっかり飲んでます(笑)
 
  

空き容器も販売されていて、自由に持ち帰りもできるんですよ♪

 

 

欲張ってこんな大きい容器を購入
ただし温泉汲む時にどんどん重くなり腕がプルプルするのでご注意を(笑)
  

  

温泉後はお楽しみのお夕食♪
(夕食はあえてつけないプランにしました)
 
 

この日は2階の「温泉しゃぶしゃぶ 楽天」さんはしまっていたので、
1階の「滋養料理 山法師」さんへ
 
 

天山湯治郷のすごいところは、
温泉だけじゃなくてお食事も美味しいところ!
 
 
トータルでクオリティが高いと、
満足度もぐんぐんと跳ね上がりますよね
 
  

この日のわたしのチョイスは鯛ごはんのとろろがけ膳
(こんな名前じゃなかったかも・・・笑)
 
相方さんはとんかつ膳をいただきました

 

 

他にも鰻やすっぽん鍋、軍鶏鍋、とろろごはんetc…

全体的に体に優しいお料理やお酒のラインナップで
 
「元気になってお帰りくださいね」
という温かな想いが伝わってきます
 
  

相方さんとスパークリングワインで乾杯もしましたよ

 

 

でもたった二口で酔いが回ってギブアップ
で血行が良くなったせいかなぁ〜(笑)
 

 
 
翌朝は宿の内湯に入って目を覚まし、
用意された精進料理の朝食をいただいてから
再び「天山」へGo!
 
 

 

 

前日とは打って変わって雲ひとつない晴天の下、
お気に入りのアルカリ単純泉と子宝洞にゆっくりのんびり・・・
 

ここは天国ですか?(笑)

 

 

お肌もつるるんピカピカになりました♪
 
 

 

初めて来た相方さんもすっかり虜になった「天山温泉郷」

 

また来ようね〜
今度は連泊したいね〜

と早くも次回に思いを馳せながら帰路につきましたとさ
 

 

わたしたちは今回車で行きましたが、
お車がない方も新宿からロマンスカー1本で箱根湯本駅に行けますし
箱根湯本駅からは100円の巡回バスも走っていますので
アクセスは問題ないかと思いますよ

 

ご興味がある方はぜひ行かれてみてくださいね

※土日よりは平日の方がお勧めです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です