最も恐いことだからこそやる価値がある

愛するものとの
別れはとてもつらい
 
 
いったい何度くり返せば
この痛みに慣れるのだろう
 
 
人を愛すれば愛するほど
こんな想いを繰り返さなければ
ならないのだとしたら
 
 
娘だけで十分だ
 
 
もうこれ以上誰も愛したくない
 
 
 
誰かを心から愛することは
今の私が一番恐れていること
 
 
もうこれ以上傷つきたくない
悲しみたくない
痛みを感じたくない
 
 
だけど…
 
そんな自分の恐れそのものと
逃げずに向き合ってみようと
思う自分がいる
 
 
最も恐いことだからこそ
やる価値があるのだと
 
そしてその恐れを超えた先に
最も欲しかった未来が待っていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です